施工方法

薬剤施工でのメリット

 

効果がすぐにあらわれる。

一度施工すれば5年間保証される

ベイト工法に比べると安価被害規模に応じた処理が可能

液剤タイプのシロアリ薬剤を動力噴霧機やハンドスプレヤー等での吹き付けや,刷毛塗りにて処理します。白蟻が侵入するポイントに薬剤層を作り、侵入を阻止し、薬剤には土壌に散布する土壌処理剤と木部に散布する処理剤の2種類があります。近年の薬剤は安全性が向上しているものも増えてきました。

 

 

木部処理

 

吹付処理

木材の表面に木部処理剤をノズルで吹付ける方法で、この方法がもっとも主流です。

塗布処理

木材の表面に木部処理剤を刷毛等で塗布する方法です。薬剤の飛散が問題になるような箇所ではこの方法がとられます。多くの場合、神社仏閣などの防蟻処理の際に行われています。

穿孔注入処理

必要な箇所へドリルで木材を穿孔し、木部処理剤を注入する方法です。注入量は適量になります。新築の予防処理では行いませんが、既築の場合は白蟻の通り道になるポイントへ処理されます。

穿孔吹付処理

モルタル仕上げ等の大壁造の壁体で用いられる方法です。壁面をドリルで穿孔し、ノズルを挿入して壁体内部の木材に木部処理剤を吹付けます

土壌処理

 

土壌処理は、環境への影響を配慮して建物の基礎に囲まれた床下の土壌を対象とします。ただし、建物の外周の防除処理が必要な場合には、薬剤が外部に流出しないような方法で実施されます。使用する白蟻用薬剤は土壌専用の土壌処理剤が用いられます。基本的には全面を処理しますが、特にシロアリが上がりやすい基礎立ち上がり部分や配管回りは入念に処理します。

帯状散布

基礎の内側や束石の周囲並びに配管等の立ち上り部分の土壌に対して、側壁から約20cmの幅で土壌処理剤を土壌の表面に散布する方法です。白蟻が侵入してくるポイントへの処理になるのでとても重要です。

面状散布

土壌の表面に土壌処理剤を均一に散布する方法です。

加圧注入

専用の注入器を土壌中に差し込んで薬剤を加圧注入する方法です。この方法では土壌表面ではなく、土壌中に薬剤を処理して白蟻の侵入を阻止します。穿孔間隔は1mくらいが標準です。

《使用する薬剤が違っても作業の内容は同じです》

床下施工処理

①床下に入る場所を決める
 (台所の収納庫が一般的ですが、ない場合は畳を
 1枚あげてから、床板を切って入ります。)
    侵入口付近を養生してから侵入します。
 
②床下のシロアリのえさとなる残材を排出します。(量が多い場合は別途料金)

廃材は建築時に不要になり、処分されずに残ったとみられる廃材が、そのまま床下に放置されています。こういったことは、床下内の地面に直接シロアリの餌を放置しているも同然で、

不必要にシロアリを呼び寄せてしまうことになりかねません。

③床下全域に侵入出来ない場合は、必要に応じてハツリ作業(コンクリート基礎を人が通れる程に穴を開けます。こちらも別途料金です。)
※②、③に関しては、以前にシロアリ駆除をなさったお宅では必要ないはずです。

通常は、床下の通風のために、人間が通れるくらいの通気口は開いているものですが
そのようになっていない家もあります。
これを改善し、通風を確保し、作業をするために基礎に穴をあけることを、ハツリ工事といいます。

④床下の土台・大引き・束に一定の幅で部材に薬剤が染み込みやすくするために8mmの太さのドリルで穴をあけて、薬剤を注入します。水回りの部材には特に念入りに処置します。

⑤穿孔した部分に薬剤は入りましたが、土台・大引き・束・根太等、木部表面に薬剤を散布します(防腐・防蟻効果)

⑥床下の土の部分やコンクリートの部分に薬剤を散布します。
これにより床下全体をバリアを張り、地中から侵入するシロアリから床下を守ります。

床上施工処理

シロアリ駆除と言いますと床下のイメージが強いと思いますが、被害状況、建物状況によって床下作業だけでは完全に駆除や予防対策が十分に行えない場合があります。そう言う場合には床上の被害箇所、や人間の侵入出来ない場所へ穴を穿けて薬剤注入し補修していく必要があります。

①床下から潜れない玄関の壁に3.5mmの細いドリルで穴をあけて、薬剤を注入します。
 注入後はその穴をセメントもしくわシーリング剤で補修します。
 

②構造上、侵入出来ない箇所(風呂、トイレ、玄関、勝手口等)の土間下に薬剤を注入します。注入が終わり次第、穴の補修を行います。

※ユニットバスの場合、必要ありません。

③床下から潜れないお風呂場(ユニットバスでないお風呂場は

タイル張りの作りが多くそのひび割れ等から床下に水分が入り、シロアリの被害が多く見られる場所になるので、内側か外側の壁に3.5mmの細いドリルで穴をあけて、薬剤を注入します。注入後はその穴をセメントやシーリング剤で補修します。

④玄関、勝手口、水回りのドアの枠が木材の場合と床上の被害箇所周辺に3.5mmの太さのドリルで穴をあけて、薬剤を注入します。注入後はその穴を木栓でふさぎます。
以上で作業は完了です。床面積が20坪程度のお宅ならば、
その作業時間は2時間半前後だと思います。

施工完了時

※ご希望の方には、施工完了後

 画像付き施工報告書を提出します。

※穴の開いた部分には写真の様にそれぞれの部位にあった補修をします。

 

 


薬剤を穴から散布する場合、主に写真のノズルを用います。

太さは2㎜~3㎜のを使用します。

 

 

木部に穴を開けた場合その大きさにあった木栓で補修します。

大きさは4㎜~6.5㎜の物を使用します。